2011年1月14日金曜日

logpaperで名刺作ったよ

logpaperという、自分の持っている画像などで小型の名刺を作れるサービスがあります。
いろんな意味で、mooの日本版みたいな感じのサービス。

そこで注文した名刺が届いたので、写真でレポートしてみます。
(一部名前とかが見えるところは潰してあります)

年始に注文したので出荷予定日は12日に。
多分、普段はもっと早いんだと思います。
出荷確認のメールが届いたのが12日。
実際に受け取ったのが14日なので、早いなぁという印象です。

受け取ったときの第一印象は「ちっちゃ!」、第二印象は「綺麗!」でした。
パッケージが適度に凝ってて好印象。

届いたときはこんな感じ。納品書が無駄に綺麗w

中のパッケージ。なんか色おかしくなってますけど、黄色っぽいボール紙です。

ボール紙の中には小さな箱が。
箱を開けてみると、カラフルな商品管理カードが入っていました。
カード自体は名刺と同じくマットコーティングの紙を使っていて、しっとりとした質感。
デザインもかわいらしく、遊び心が感じられました。

開けると、商品管理カードが。これも綺麗!
12枚ごとに束を挟むように商品管理カードが入っています。
写真では 水色だけですが、束が変わると商品管理カードの色も変わって、見やすく綺麗。
(大きめの1シートから管理カード合わせて14枚の名刺を切り出している?)

36枚セット。
肝心の名刺は全部で36枚。
これでお値段1260円。
1枚あたり35円。
個人的にはかなりお安いと思います。

実際作ったものはこんな感じ。
初代MacBookを使って注文してほぼ期待通りの色味だったので、
画面とのキャリブレーションはMacでやっているのかも。

明るさ、彩度ともに大満足!
解像度は、写真は大満足。
文字はよーく見ると微妙に崩れてるけど問題ない、という感じです。
(レーザープリンタでめちゃ小さな文字をプリントしたときの、あの崩れ方です。)

裏の文字は色の濃さが黒から薄い灰色まで何段階か選べるんですが
普通に黒の方が読みやすかったです。
(これまたレーザープリンタで灰色を出したときの、細かい網点でのプリントです。)

PASMOの上に乗せてみた。
大きさは写真の通り、PASMOとほぼ同じ幅で高さがちょっと低いぐらい。
mooのものよりは大きいけれど通常の名刺よりは小さい。
普通の名刺入れだと大きすぎるし、
mooみたいにフリスクケースには入れられないところはちょっと減点。
(吉田鞄さんとかと組んで専用ケース作ればいいのに!)

ひとまず、実際にこれを配って受け取った人の反応を見てみてみます!
(個人的には大満足!)
さらに今度、mooでも作って見比べてみようと思います。
はてさて。