2010年11月20日土曜日

【紅茶レビュー】 LUPICIA 5114 セタトワ

5114 セタトワ (Cest a toi) ★★☆☆☆

主成分はウーロン茶プーアル茶、そしてラプサン・スーチョン
成分が成分だけに、かなりずっしりとくる癖のあるお茶です。
乾燥状態での見た目は、何の変哲も無いブロークン茶葉。
色はやや濃いめ。
香りは煙のような香りが少しします。

淹れると一気にその特徴が噴出!
香りはラプサン・スーチョンの強烈な独特臭。。。
(ラプサン・スーチョンとしてはあまり品質高くないやつ使ってる予感。)
ウーロンもプーアルも香り自体は強くないので、全てこいつに掻き消されてます。
色はプーアル譲りのかなり濃い茶色。
適正な出具合は目では判りにくいので、ちょこちょこ味見する事。

飲んだときの味わいはプーアル茶がベース。
それをウーロン茶で薄めている、という感じです。
強い香りと相まって相当ガツンときます。
体にはよさそう。。。

ストレートだとちょっとキツいよ、という方はいろいろと入れてみるのがオススメ☆
中国茶なので砂糖は合わないんじゃないとかと思っていたのですが、
これはこれで美味しい事が判明。
プーアル茶の重いボディを和らげて、かなり飲みやすくなります。
そして意外に合うのがミルク。
甘めのミルクティにすると香りもまろやかになり、非常に飲みやすくなります。
さらに試していただきたいのがはちみつ
香りとボディが強いだけに、クローバーのはちみつなど、コクや香りが強いものが合います。

個人的には苦手なので、☆ふたつ。