2010年11月26日金曜日

【映画レビュー】 ターミネーター4

ターミネーター4ターミネーター4 (2009)

【監督】マックG
【出演】クリスチャン・ベイル / ブライス・ダラス・ハワード / サム・ワーシントン / アントン・イェルチン / ヘレナ・ボナム・カーター / ムーン・ブラッドグッド / コモン / ジェーン・アレキサンダー / ジェイダグレイス・ベリー / ヘレナ・ボナム=カーター


★★★☆ [70点]「続編だと思わなければ面白い」

雰囲気的にはマッドマックス+マトリックス+トランスフォーマー。

有名シリーズの続編ということで賛否両論あるっぽいですけど
単体の作品としては全然アリ。

続き物としては確かに微妙なので、そこは割り切って
CGガリッガリのアメコミものと同じ楽しみ方をすればいいんです。

強くて、カッコよくて、ド派手で、あっという間に時間が過ぎる。
それでいいと思うんです。

★よかったところ

なんといってもT-800役のローランド・キッキンジャー。
顔はシュワルツェネッガーに差し替えられてましたが
筋肉が半端ない!
あれを「美しい」と思うかどうかは人によると思うものの
間違いなく「すごい」とは思うはず。

そして地味に感動したのがBlu-Rayの画質と音質。
現時点では最高レベルなんじゃないかと思います。

グレイン乗りまくりのディテールガリガリの、
圧縮にはかなり厳しい画作りにもかかわらず、
あまり圧縮ノイズが気になりませんでした。
途中で何箇所かブロックノイズが目立ったぐらい。
それでいて本編はほぼ23GB程度に収まっていたので、
エンジニアさんいい仕事してんなーっていう。

音質も高音から低音まで破綻なくまとまっていました。
特筆すべきはセリフの聞き取りやすさ。
SFアクション系はとにかく役者さんのセリフが聞き取りにくくなりがち。
ところが本作ではリアルでも聞き取りづらそうな
クリスチャン・ベールの声すらクリアに聞こえます。

あと、CGのクオリティもかなり高いです。
「チャチいーなー」と思わせる場面がほとんどない。
できるだけCGを減らしてセットと小道具で撮ったのも吉と出てますね。

★微妙なところ

ストーリーはみごとにご都合主義なので、考えたら負け。

マシンがたくさん出てくるものの
どれもどこかで見たようなデザインだったのが残念。
逆に言えば、マトリックスとかバットマンとかトランスフォーマーとかが好きな人なら
きっとマシンに萌えられると思いますよ!

見せ場は過去作品へのオマージュ的なものがちらほら。
しかし功を奏しているかは微妙。。。

巨額を投じたであろう爆発シーンなども
確かに迫力はあったものの
「CGじゃ絶対に撮れない!」と感動させるようなものではなかったかな。


Posted by ハイポ on 2010/11/26 with ぴあ映画生活