2010年10月10日日曜日

【紅茶レビュー】LUPICIA 5509 グレナダ

毎度おなじみ、フレーバードです。

5509 グレナダ (GRENADA) ★★★★☆

水色は濃い。
というより、赤い。
ブロークン茶葉に色とりどりの花びらやフルーツのかけらが。
刻みは小さめ。

開けた瞬間に花とフルーツの華やかで甘酸っぱい香りが広がります。
方向性は、きわめてルピシアらしい、酸味を中心に甘みを上から乗せた感じの香り。
(ここのお茶は、正直、ブランドテストされると判らないんじゃないかというほど香りが近いものが多いです。)
マリアージュのマルコ・ポーロが近いかな?

味わいもこれまたルピシアらしい、軽い渋みと軽い味わい。
他の花&フルーツ系フレーバードと同じく、アイスでもおいしく頂けます。
断然ストレートで。