2010年9月23日木曜日

【紅茶レビュー】LUPICIA 5545 キャラメルマキアート

LUPICIAを中心に色々なお茶を飲んでみているので、レビューをボチボチ書いて行きます。

5545 キャラメルマキアート (CARAMEL MACCHIATO) ★★☆☆☆

茶葉の見た目から。
紅茶にコーヒー豆とブラウンシュガーが入ってます。
お茶っ葉はCTC。

香りは、まず封を開けた瞬間からキャラメルの強烈な甘い香りが立ち上り、次にコーヒーの香り。
お茶の香りはほぼしません。
実際に淹れても印象は変わらず。
甘い香りが苦手な人は胸焼けすると思います。

味わいは、かなり薄めのコーヒーを紅茶に混ぜた感じ。
ストレートで飲むと舌に軽いしびれを感じます。
この謎のしびれは人によっては受け付けないかも。
タンニンが強すぎるのかな?

ミルクを入れるとぐっと柔らかい味わいになり、全体が調和します。
ストレートより断然ミルクで。

コーヒーの持つ酸味や苦味が全く無く
強烈な香りだけが前に出てきているので、
「コーヒーの香りは好きだけど味は苦手」という方にはオススメ。
(ただし、キャラメルの甘い香りを好む人に限る)

これはこれでおいしいものの、
香りと渋みでかなり人を選びそうなので、厳し目に★ふたつ。