2010年9月26日日曜日

【映画レビュー】 ノーカントリー

ノーカントリーノーカントリー (2007)

【監督】
【出演】トミー・リー・ジョーンズ / ハビエル・バルデム / ウッディ・ハレルソン / ジョシュ・ブローリン / ケリー・マクドナルド / テス・ハーパー / ギャレット・ディラハント


★★★★ [80点]「見る人との相性によるかも。。。」

最初から最後まで、ただひたすらに淡々と進んで行く。
さらに、わけがわからないところだらけなので、無理に考えてもつまらないだけ。
素直にバルデムの底知れぬ恐ろしさと、途切れることのない緊張感を楽しむといいと思います。
この緊張感を良しとするか悪しとするかは人によるかなー。

●いいところ
殺し屋、こえーーーー!!!!

●微妙なところ
不条理すぎて、考え込んだら負け。
二時間ずっとソワソワが続くので、とにかく疲れる。

●予習ポイント
アメリカとメキシコの関係。

●注目ポイント
トミーリージョーンズの渋い演技。
ウザいばあちゃん。


Posted by ハイポ on 2010/08/21 with ぴあ映画生活