2010年9月26日日曜日

【映画レビュー】 インセプション

インセプションインセプション (2010)

【監督】クリストファー・ノーラン
【出演】レオナルド・ディカプリオ / 渡辺謙 / ジョセフ・ゴードン=レヴィット / マリオン・コティヤール / エレン・ペイジ / トム・ハーディ / キリアン・マーフィー / トム・ベレンジャー / ディリープ・ラオ / マイケル・ケイン


★★★★ [80点]「難しかった…」

いやー難しかった!
でも面白かった!

他人の夢に深く入り込んで行くお話なのですが、ぼーっとしていると、今誰の夢でどの階層でどの行動が誰の意識の投影なのかが、あっという間にわからなくなります。

ディカプリオは相変わらずの渋い演技。
ケン・ワタナベも渋い。
傍役たちもみんな渋い。

予告編でガシガシ押し出されている特殊効果は意外と少ないので、そこに期待するよりも話の流れをしっかり追う方に意識を向けた方が楽しめます。

もう一回見て復習しよう。。。



●いいところ
複雑に絡み合った夢世界の表現。
チームで夢を偽装するというコンセプト。
役者の渋い演技。

●微妙なところ
音楽が単調。
難しすぎておいて行かれる。
それぞれのキャラの行動の意図がかなり分かりづらい。

●予習ポイント
Blood DiamondとJUNOを観ておくとより楽しめるかも。

●注目ポイント
べたべたな日本文化。


Posted by ハイポ on 2010/08/22 with ぴあ映画生活