2010年9月26日日曜日

【映画レビュー】 ダレン・シャン

ダレン・シャンダレン・シャン (2009)

【監督】ポール・ワイツ
【出演】クリス・マッソグリア / ジョン・C・ライリー / サルマ・ハエック / ウィレム・デフォー / 渡辺謙 / ジョシュ・ハッチャーソン / ジェシカ・カールソン / パトリック・フュジット / レイ・スティーヴンソン


★★☆ [50点]「あくまで連作の第一話」

まず、よくも悪くも原作とは違うので、それ前提で見るのがいいです。

何というか、すごく地味。
これ!というシーンが記憶に残る訳でもなく、何となく「まあまあ面白かったかも」という感覚が残る感じ。
そして完全に続き物の第一話って感じで、何も完結はしないので注意。

● いいところ

オープンニングが綺麗。

● 微妙なところ

全体的に地味。
アクションが微妙にダサい。

● 予習ポイント

吸血鬼もの幾つか観たあとだと、哲学の違いがみえて面白いかも。
インタビューウィズバンパイアとBLADEとか。

● 注目ポイント

ケンワタナベ。
スティーブの目の色。


Posted by ハイポ on 2010/09/05 with ぴあ映画生活